横浜自然観察の森 いきもののにぎわいのある森ブログ

                                 季節の生きものや風景のお話を、日本野鳥の会レンジャーが発信します!

カテゴリ: 森の風景のお話

冬至に向かい、日の出の時間が
どんどん遅くなっています。

モンキチョウの広場は9時頃になって、
ようやく、光が射してきました。
IMG_4660

今朝はすんっと空気がとがっています。
気温は0℃近くまで下がったようです。

モンキチョウの広場の一角を
視線を落として歩くと、
あった、あった。
IMG_4664

霜を被ったヨモギやナワシロイチゴ、
たくさんの落ち葉。

もしかしてと、湿地へ向かうと、

IMG_4670

波打つように、うっすら氷になっていました。


さて、初霜の記事ですが、
たしか1年前も私が書いていました。

森は初霜 2019年11月30日
今年は去年より遅めだったのですね。


「いや、もっと前に初霜降りていたぞ~!」と言う方、
いらっしゃいましたら、
そっとご指摘ください。


写真・文/かなちん

こちらもお読みください。
観察センター再開について

気温が下がり、セミ達の声もだんだん減り、森に秋が訪れています。今回は、森の中の「秋」を探しにある場所へ行ってみました。
では、動画をご覧ください。

たくさんの「秋」を見つけることができました。
森の中には、まだまだたくさんの秋があります。
ぜひ探してみてください!

動画内ではこんな生きものを紹介しています
s-DSCN6573
トノサマバッタ(成虫)

 s-DSCN6553
ツチイナゴ(成虫)

 s-DSCN6530
ツユムシ(成虫)

s-DSCN6512
アキアカネ


文・撮影:ロビン

こちらもお読みください
観察センター再開のお知らせ

セルフガイドシート「コナラの道 夏」をリニューアルしました!新しくなったシートを片手に夏のコナラの道を歩いてみませんか?
 セルフガイドシート
このセルガイドシートを持って歩けば、
緑溢れる夏のコナラの道で様々な風景や生きもの達に出会うことができます!
森の中で鳴き合うセミや湿地を飛び回るトンボ、大空を舞うチョウがコナラの道であなたが来るのを待っていますよ!

コナラの道は林や湿地、尾根をめぐる全長1.7kmの起伏にとんだ道です。頭上は木々に覆われ、強い日差しを避けながらハイキングを楽しむことができます。
また、風が吹くと気持ちがよく、空気がすんだ日は、関谷奥見晴台から鶴見つばさ橋や東京スカイツリーを眺めることができます。尾根道から少し足をのばせば大丸山や金沢自然公園、瀬上市民の森へも行くことができます。
 コナラの道イメージ画像

入手方法:自然観察センターで配架、無料、申し込み不要
配架時期:8月~9月
所要時間:ゆっくり歩いて1時間
道のようす:なだらかな道です。18~終点はでこぼこの下り道で、階段もあります。ほとんどが土の道で雨が降った後はぬかるむため、注意が必要です。
対象:どなたでも
服装・持ち物:汚れてもよい靴(途中ぬかるみがあります)、帽子、飲み物、筆記用具、

横浜自然観察の森にいらした際は、
ぜひコナラの道へお出かけください!


文・写真:ロビン

梅雨も終わりに近づいた先週、広場の草刈りをおこないました。
春から伸びた草は足にまとわりつく程に伸びていましたが、少しすっきりしたかと思います。

草刈りではこの森ならではの工夫をしています。
全ての草地をきれいに刈ってしまうのではなく、一部を刈り残したり、地面から10㎝ほどの高さを残して刈り取ってみたりしています。

B7242549R
石畳を挟んで左が10㎝の高さで刈った草地。右が刈り残した草地

この様にすることとで、様々なバッタの仲間がくらせるようになるのです。

モンキチョウの広場で見つけたバッタたち
B7242494_BR
(左上)ショウリョウバッタ (右上)オンブバッタ
(左下)コバネイナゴ (右下)イボバッタ

歩いてみると少し歩きづらいところもあるかもしれませんが、鳥やカマキリなどの食べ物としても大切なバッタの仲間のためにも、人の利用と折り合いをつけながら管理をおこなっています。

文・写真/かけした
こちらもお読みください。

この春から業務でコナラの道を歩くことが増えました。
見慣れている風景ですが歩くたび、見えてくるものが異なります。

ヤツデ

前回にはあまり目に入らなかった大きな葉、ヤツデ。
男性の手と比べても・・・・大きいです。

キノコ

菌類がたくさん、たくさんついている幹。
1週間前にはなかったように思います。

聞こえてくる音にも変化がありました。鳥のさえずりの
間にずいぶんとニイニイゼミの音が聞こえるようになり
ました。雨が続く間にも、自然の中は変化していること
がわかります。そしてこう雨の日が多いと、
尾根道がこんなことに・・・

ぬかるんだ道

特にコナラ12~18にかけてはぬかるんでいました。

足元から目を離さぬようにしないと、途中足が抜けなく
なりそうな場所も。到着した時の私の長くつの様子です。
長くつ
みなさまにもきっとよく歩く道、公園などの場所がある
かと思います。見慣れた風景でも、歩くたびに目に入っ
てくるものが違えば新しい発見だらけ。ただし雨の多い
この時期は、足元をしっかりと装備なさってください。

文・写真 チョコ

こちらもお読みください。

↑このページのトップヘ