横浜自然観察の森 いきもののにぎわいのある森ブログ

                                 季節の生きものや風景のお話を、日本野鳥の会レンジャーが発信します!

カテゴリ: 森の風景のお話

暑さも和らぎ、秋の虫たちの声がきこえてくるようになりました。
キンモクセイの香りが漂ってきたりと、「耳」や「鼻」で秋を感じることは増えましたが、「目」では、しっかりと秋を感じていない気がしたので、森の中の秋を見つけに行くことにしました。

センターを出発して、さっそく…! 01_クリ_IMG_8228.jpg_re
クリ、クリ、クリ!!!!
見上げると、緑や茶色のいがぐりがたくさんあります。 02_クリ_IMG_8121_re
クリの実は、熟す前は緑色のウニのようですが、熟すにつれて茶色に変化し、イガが4つに割れます。
割れた茶色いイガの中には、実がないものもあります。
周囲を観察してみると…、犯人でしょうか? 03_タイワンリス_IMG_8117_re
タイワンリスがじっと身を潜めていました。
リスがクリを食べているのか、どうやってあの痛いイガの中からクリを取り出すのか…不思議です。
…が、残念ながらその姿を観察することはできませんでした。


そこから少し歩くと、立体的で大きな巣をこしらえたジョロウグモに出会いました。
この時期になるとメスは成熟し、赤色と黄色のお腹がとても鮮やかに目立ちます。 06_ジョロウグモ_IMG_8153_re
巣に何かエサがかかっていないか、探してみたところ…! 07_蜘蛛の巣_IMG_8157_re
エサではありませんが、コナラのどんぐり帽子がちょこんとくっついていました。
ジョロウグモも秋を纏いたい気分だったのかな?とか想像してしまいました。
今回歩いてみると、コナラのほか、スダジイ、シラカシのどんぐりが落ちているのを見つけました。

少しの時間でしたが、森のあちこちで秋を楽しむことができました。
なお、この森では、森の恵みを人間がいただくこと・お持ち帰りすることはできません。
森でのルールを守りながら、みなさんもどんな“秋”があるか、いろいろな五感を使って探してみてください!


文・写真:まつもい


こちらもお読みください
横浜市は現在「緊急事態宣言」が適用されています。
引き続き感染防対策にご協力ください。

森には、にぎやかな春がやってきています。
そんな春に出会える「食いしん坊」に会いに行きました。詳しくは下の動画をご覧ください。

園内では、他にも様々な春の生きものに出会うことができます。


動画内では、こんな生きものを紹介しています。s-IMG_5583

オタマジャクシ(ヤマアカガエル)


※園内の動植物は持ち帰らないでください。
※木道から外れないようご注意ください。

 
文・撮影:ロビン

 
こちらもお読みください
自然観察センターの新型コロナウイルス感染予防対策について
引き続き感染防対策にもご協力ください。



ミズキの道18番付近にやってきました。ここから尾根の桜がとてもきれいに見えます。
IMG_5412
坂を下り、ミズキの谷の池に水鳥でもいないかなぁと観察小屋の窓からのぞくと、水面近くにキラリと輝くブルーを発見!カワセミです。
慌ててカメラを構えて、もう一度窓をのぞくと…姿がありません。
せっかく遭遇したのに飛んでしまったのかも…鳴き声はしているから近くにいるはず…と夢中で探しました。
すると、モミジの奥にちらっと一部が見えました!
IMG_5435
これは見失ってしまうはずだ…。
飛んで場所が変わったわけではなく、風で枝が揺れて姿が隠れていたのでした。

しばらくじっとねばって、カワセミ全体がモミジの枝から現れるのを待ちました。
IMG_54481
これからどんどん若葉が繁り、枝に止まる鳥たちを見つけるのはなかなか難しくなりますね。
けれど、カワセミは春から夏にかけて観察の森での出現が比較的多くなります!
ミズキの谷を通るときは、ぜひ「カワセミチェック」をしてみてください。
しばらく眺めていると見つけられるかもしれません。


文・写真:かない

こちらもお読みください
自然観察センターの新型コロナウイルス感染予防対策について
引き続き感染防対策にもご協力ください。

森は久しぶりの雨になりました。
カラカラした地面が一気に潤っています。

ただ、ただ、とっても冷たい雨です。

IMG_4978

ぜひ散策に来てください、とは
言い難いお天気ですが、
それでも、ちょっぴり心動かされる
光景はあるものです。

センターから湿地に向かう道(上の写真)の、左側。
サクラの木の下に、
水玉をたっぷり付けた低木があります。

IMG_4974

オニシバリ(鬼縛り)…という、
ちょっと怖い名前の木。

しっとり、すべすべの葉は、
雨のたびに、こんな綺麗な水玉を葉上につくります。

IMG_4973

そして、じつは、年が明けて一番乗りで、
花を咲かせる木でもあります。

IMG_4975

寒さの中に、もう花を楽しめる季節が
やってきたのですね。


文・写真/かなちん

このところ寒い日が続きます。観察の森もすっかり
冬の顔です。ところどころで霜柱がみられたり、
湿地の水が凍ったり。つららをみかけたり!

霜柱
先日、明治生まれの詩人室生犀星さんの「動物詩集」
という本を知りました。この詩集の中には昆虫や野鳥
など生きものからの目線で書かれた詩がたくさんあり
ます。
その中に
「はだかになつた山 はだかになつた木木
土の色まで草の間に見えてゐる」
という出だしではじまる「冬の顔」という詩がありました。
まさに今の森の姿です。

冬景色
それでも差し込む日差しの中、体を起こそうとしている
ロゼットをみつけることができました。まだしばらくは
お日様を受け、風を受けないように地面に体をはりつか
せていますが、もう少し暖かい日が続けば起き上がって
きそうです。
ロゼット
冬の顔から春の顔へ。これから町でも森でも、春の顔を
探すのが楽しみな季節となります。

文・写真:チョコ

こちらもお読みください。
引き続き感染防対策にもご協力ください。




↑このページのトップヘ