横浜自然観察の森 いきもののにぎわいのある森ブログ

                                 季節の生きものや風景のお話を、日本野鳥の会レンジャーが発信します!

カテゴリ: 鳥のお話

台風が過ぎ去り、観察の森にも心地よい風が吹き抜けるようになりました。
遠くから、「キチキチキチ…」とモズの甲高い鳴き声が聞こえてきます。
s-モズ

現在、自然観察センターでは「モズの聞きなしコンテスト」を開催しています。
「聞きなし」とは、ウグイスの「ホーホケキョ」を「法 法華経」のように、野鳥の鳴き声を人間の言葉に置きかえたもののことをいいます。
s-聞きなし1

私もモズの聞きなしに挑戦しましたが…かなりの難問です。
皆さんもセンターにお越しいただいて、オリジナルの聞きなしを投稿してください。
s-聞きなし2

秋の終わり頃には、レンジャーたちが「これはすてき!」と思った聞きなしをブログでご紹介させていただきます。
ぜひ腕をふるってご参加ください!

(文/あらごん 写真/ロビン)

こちらもお読みください
横浜市の緊急事態宣言は解除されましたが、引き続き感染防止対策にご協力ください。

6月12日記事「あなたのオリジナル聞きなしは?」で、
ご紹介した「聞きなしコンテスト」の気になる結果発表です。
今回のお題はウグイスです。
一般的には「ホーホケキョ」と言い表されますが
みなさんどのように表現しているでしょうか。
DSC_1068

よく知られた鳥とあって、子どもから大人まで、
115件もの応募がありました。


力作の数々をご紹介します!
・もーほっといて!(杉田さん 作)
・法、守れ~ (子猫もちさん 作)
・ほーほっかいどう!(※お名前読めませんでした、すみません)
・オーマイガット(うちゅうじん1ごうさん 作)
・え~まだやんの?も~とぼけんなよ(多加差てる子さん 作)

おぉ!自由な発想だな~。う~ん確かにそう聞こえるかも・・・。
レンジャー一同、うなりながら読ませてもらいました。

そして、私たちが選んだ「優秀賞」はこちら!
★★★★★★★★★★★★★★★★★★
今日、遊べる?(こりこりさん 作)
★★★★★★★★★★★★★★★★★★

筆跡を見ると小さなお子さんの作でしょうか。
その年ごろならではの発想だね、楽しそうだね、と、好評でした。
みなさんはどれが面白いと思いましたか?


さて、次回の聞きなしコンテスのお題の鳥は
「ホトトギス」です。
来館の際はぜひご参加ください。
力作おまちしております。

※「聞きなしコンテスト」は、CD「鳴き声ガイド 日本の野鳥」
の著者の協力を得て開催しました。

「聞きなし」という言葉を聞いたことがありますか?
野鳥の鳴き声を人間の言葉に置きかえたもののことを
いいます。
メジロの「チルチルミチル」という聞きなしは、
ご存知の方も多いと思います。一番有名なのはウグイス
の「法 法華経 ホーホケキョ」でしょうか。
ozakiウグイスresize

ウグイスはやぶの中にいて声は聞こえてもなかなか姿が
見えずらい。こんなに近くに鳴いているのに・・・・と
思ったことありますよね。こうなったら、声を徹底的に
楽しみましょう!ウグイスの声は「ホーホケキョ」と
決めずに、オリジナル聞きなしを作ってしまいましょう。
現在観察センターでは
「ウグイスの聞きなしコンテスト」開催中。
ウグイス展示resize

聞きなし展示resize
徹底的にウグイスの声を聞いて、あなたの聞きなしを
書いてください。夏ぐらいにレンジャーの独断で、
「これは!」と心打たれた聞きなしをブログにて
発表予定。ぜひぜひご参加ください。
夏過ぎにはまた別の野鳥の聞きなしコンテストを開催します。
声から楽しむバードウオッチングも、おすすめです。
(文・写真 チョコ)

こちらもお読みください
自然観察センターの新型コロナウイルス感染予防対策について
横浜市は現在「まん延防止等重点措置」が適用されています。
引き続き感染防対策にご協力ください。


ミズキの道18番付近にやってきました。ここから尾根の桜がとてもきれいに見えます。
IMG_5412
坂を下り、ミズキの谷の池に水鳥でもいないかなぁと観察小屋の窓からのぞくと、水面近くにキラリと輝くブルーを発見!カワセミです。
慌ててカメラを構えて、もう一度窓をのぞくと…姿がありません。
せっかく遭遇したのに飛んでしまったのかも…鳴き声はしているから近くにいるはず…と夢中で探しました。
すると、モミジの奥にちらっと一部が見えました!
IMG_5435
これは見失ってしまうはずだ…。
飛んで場所が変わったわけではなく、風で枝が揺れて姿が隠れていたのでした。

しばらくじっとねばって、カワセミ全体がモミジの枝から現れるのを待ちました。
IMG_54481
これからどんどん若葉が繁り、枝に止まる鳥たちを見つけるのはなかなか難しくなりますね。
けれど、カワセミは春から夏にかけて観察の森での出現が比較的多くなります!
ミズキの谷を通るときは、ぜひ「カワセミチェック」をしてみてください。
しばらく眺めていると見つけられるかもしれません。


文・写真:かない

こちらもお読みください
自然観察センターの新型コロナウイルス感染予防対策について
引き続き感染防対策にもご協力ください。

モンキチョウの広場のヤブでアオジが3羽休んでいました。
B2251881aojiTR

しかし、アオジとは似ているようで少しちがう小鳥の声がします。よ~く耳を澄まさないと聞こえないような小声で時々ちょっとリズムよくさずるような…しかし姿が見えません。

声の主が現れるのを待っていると、出てきました。やはりホオジロでした。
B2251897ThoojiroR


しばらくすると、またヤブの中にもぐってしまいましたが、今度は姿が見えます。
また小声で鳴かないかと、こちらもジッとしながら観察していると、ホオジロはどんどんまるくなり、もふもふな姿に。
B2251909ThoojiromarumofuR

寒いときには羽毛をふくらませて空気の層をつくって天然のダウンで温かさを保っています。その時、まるまるとした姿になるのです。特にリラックスしている時ほど、よりまるまるとしているように思います。決して太っているわけではないんですよ。

逆に緊張したり警戒しているときは羽毛を体にピッタリつけるのでやせているようにも見えます。

ぜひ、鳥たちがリラックスできる適当な距離を保って観察してみてください。まるまるもふもふのかわいい姿が見られるかもしれません。

◆動画もご覧ください ※音なし【2分20秒】


文・写真・動画/かけした

こちらもお読みください
自然観察センターの新型コロナウイルス感染予防対策について
引き続き感染防対策にもご協力ください。

↑このページのトップヘ