調査で暗い林(スダジイなどが生える照葉樹林)の中を歩いていると、足元に黄金色のなにかが生えていました。
ホウキタケ
曇っており、林内はかなり暗かったですが、目立っていました。
s-P7081523
調べてみたところ、ホウキタケ科のキノコということがわかりました。
確かに竹ぼうきをひっくり返したような見た目です。
さらに調べたところ、このキノコには他の呼び名があり、一つがサンゴに似ていることからサンゴタケ。
もう一つがネズミの脚に似ていることからネズミタケ。
名づけた人によって様々なものが連想されているのですね。
私は、某少年漫画の戦闘種族を連想したので、サイヤタケと名づけます。皆さんはどんな呼び名をつけますか?

湿度が高い今の時期、園内では様々なキノコ達が顔を出しています。ぜひ足元などを探してみてください。

※キノコの中には触るだけで皮膚炎などを起こす種類(カエンタケ等)もあります。触らずに観察しましょう。採集も禁止です。

文・写真:ロビン

こちらもお読みください
横浜市は現在「まん延防止等重点措置」が適用されています。
引き続き感染防対策にご協力ください。