先月中旬、ヤママユという大型の蛾の幼虫をみつけました。
IMG_5788
この時の大きさは20㎜ほど。これから脱皮をくり返してさらに大きくなります。
大型幼虫をみつけるとワクワクしますが、大きくなると目立って食べられてしまうことが多いので、成長を期待してはいませんでした。

しかし!つい先日、同じ場所で大きく育った幼虫を発見。
大きさは50㎜ほど、太さも手の親指くらいにまるまる育っています。
P5160667
さわってみると、全体がひんやりとして硬めのグミのような感触です。
短く細い毛がチクチクと当たります。

しばらくすると、幼虫は鬱陶しそうに体を振り、前脚を内側に折りたたんで上半身を持ち上げた「お祈りポーズ」をとりました。
P5160675
「早くどこかに行ってよ~」と、お願いをしているよう…
私には、とって食べてしまおう!などという悪意はまったくありませんが、残念ながら幼虫には伝わりません。

成長過程を見守ると親心のようなものが芽生えます。
つい、かまってしまいたくなりますが、余計なお世話ですね。
こっそり安全をお祈りしております。


文・写真:かない


こちらもお読みください
自然観察センターの新型コロナウイルス感染予防対策について
横浜市は現在「まん延防止等重点措置」が適用されています。
引き続き感染防対策にご協力ください。