森が青々と茂って、虫たちの姿も目立つようになりました。
道を歩くと、さまざまな虫の食事の風景に出会うことができました。

足元に黒いフンがたくさん、
見上げると・・・
キアシドクガ食痕ミズキ20210428タンポポの道3-4okubo
ミズキの葉が穴だらけです。ここ何年か発生の多い
キアシドクガの幼虫のしわざでしょう・・・。

こちらは青色がきれいな
ハバチの幼虫たち。
アケビコンボウハバチ幼虫20210428タンポポの道5okubo (2)
3匹で仲良く1枚のアケビの葉をかじっています。


シリアゲムシはカップルで
葉っぱの上に。
ヤマトシリアゲ(ペア メスが餌をもらた)20210428okubo
メスが、オスからプレゼントの虫をもらって食べていました。


「昆虫」ではありませんが…
アオオニグモが、自分の隠れ家の入り口で食事中。
アオオニグモ20210428タンポポの道5okubo (3)
黒い塊はどんな獲物だったのでしょう。


虫たちのお食事どき、
ひとくちに「食べる」といっても
いろんなスタイルがあるのだなぁと興味深いです。。


文・写真 かなちん

こちらもお読みください
自然観察センターの新型コロナウイルス感染予防対策について
横浜市は現在「まん延防止等重点措置」が適用されています。
引き続き感染防対策にご協力ください。