パラパラと小雨の降る中、アキアカネの丘へやってきました。
つい最近までの、汗ばむような厳しい暑さも落ち着き、空気がとてもひんやりとして気持ちがいいです。
こんな日はじっくりと生きものを観察することができます。
1時間ほどでたくさんのチョウをみつけましたが、どのチョウも夏の暑い日とは少し様子が違います。葉っぱの上でじっと動きません。
雨宿りをしているのでしょうか?
 
IMG_4020
ウラナミシジミ
IMG_4025
ヒカゲチョウ
IMG_4027
ツバメシジミ
IMG_4038
イチモンジセセリ
IMG_4034
コミスジ
(コミスジは、普段はすーっと目の前を滑空しながら飛んで行ってしまうので、じっくり見ることができてとてもラッキーでした。)

しっとりと湿った葉とキラキラと光る雨粒、
そして、その中にたたずむチョウたちを見てなんだか詩的な気分になりました。
こんな様子は雨の日や涼しい日ならでは。また違った森の魅力に気がつきました。


文・写真:かない

こちらもお読みください。
観察センター再開について