--------------------------------------------
緊急事態宣言にともない不要不急の外出の自粛が呼びかけられています。
このためブログではみなさまに自然情報や保全活動への取り組みなどをお届けしてまいります。
しばらくは、オンラインでお楽しみください。
--------------------------------------------

ひらひらと大きな羽を持つ昆虫が目の前を横切り、枝にとまりました。羽が長く見えた気がしたので、トンボかなと思って近づくと、トンボじゃなくてヘビトンボの仲間でした。

もぞもぞと枝の上を歩いて移動し、落ち着いたところを写真に撮ってみました
s-P5134518
あれ?どこだ?逃げられた?
と一瞬思いましたが、ちゃんといます。
s-P5134520しるし
これは、擬態(体の形や色などを周囲のものと同じように似せること)しているのか!?

遠目に見ると羽の感じが枝と似ています。
飛んでいると存在感がありますが、こうして枝にじっとしていると景色に溶け込んでいます。こうやって天敵から身を守っているのですね。
そうそう、この虫の名前はヤマトクロスジヘビトンボでした。

文・写真 / nuka

●○●こちらの記事もお読みください●○●
「自然観察の森からのお願い」