早いもので1年も終わりに近づいています。
今年も多くのお客様に出会うことができました。

子どもたちと森を歩いているとき、彼らはその感動を
いろんな表現で伝えてくれました。
常緑樹の森を歩けば-森の中は暗くて朝も昼もわからないね
尾根をみれば-ここは横浜じゃないね。自然っていいね
落ち葉をみれば-わぁ、葉っぱが雨みたい、雪みたいに降ってくるよ
そしてつい先日には大人の方が
      -今年の紅葉はまるで金箔が降ってくるかのようだった、と。
お客様が自然から得た感動を伝えてくださることも
また、私たちレンジャーにとっては喜びです。

今日はクリスマスイブ。
イルミネーションもよいですが、森での穏やかな
時間もおすすめですよ。



171011ミズキの谷朝露とクモの巣

文:チョコ 写真:奴賀