カテゴリ: 森の風景のお話

10連休も折り返しです。
ここ数日は雨が降ったりやんだり降ったりで、
森は湿っぽい空気になっています。

そんな中、今朝は早朝鳥類調査を行いました。
もう5月なので、冬の鳥はもういなくなったかなぁと思っていたところ、
ピチッ、ピチッ、とか、チーッ、チーッ、
という鳴き声が木の上の方からよく聞こえます。
シメの声です。
s-シメ160111ミズキ7掛下01
シメ。

まだあちこに冬鳥のシメの群れがいます。
10羽ほどの群れもいるようで、ちょっと言い過ぎかもしれませんが、シメだらけです。
今季は東京や千葉でも同じようにシメの群れが見られているそうなので、種類によっては遅くまで残っている冬鳥がいるようです。
今朝は冬鳥のクロジも確認できました。
s-クロジ141107ヘイケ掛下20
クロジ。

もちろん、夏鳥のヤブサメ、センダイムシクイなどのさえずりも聞こえるので、冬鳥も夏鳥も楽しめそうです。


写真:かけした
文:nuka

もうヤマザクラやオオシマザクラ、ソメイヨシノなどのサクラの花は散って、徐々に新緑がまぶしくなってきています。
しかし、これから満開になるサクラがまだあります!


s-IMG_6764ウワミズザクラ
ウワミズザクラ
ブラシのような花の集まり(花序)です。


s-IMGP0006イヌザクラ
イヌザクラ
ウワミズザクラよりも小ぶりな花序です。
これから咲くつぼみがたくさんあります。


どちらも葉が出た後に白い花が咲きます。
ちょっとサクラのイメージとは違う雰囲気の花ですが、同じサクラの仲間です。
森では、他のサクラより数は少ないですが、これから花が満開になります。

他にもこれから様々な花が咲いてきますので、
まだまだ花見ができますよ。


文・写真: nuka

大型連休のイベント
「森のクイズラリ―」を今年も開催します!

春はたくさんの生きものがいっぱい。
森をゆっくり歩いて1時間、
クイズに正解したらプレゼントも。

どんなイベントか2018年度の様子を見てみましょう。
P1170708

バス停から階段を昇ったところにある自然観察センター。
ここがクイズラリーの出発点です。
ラリー帳をもらって出掛けましょう。

P1170561 - コピー

コース上に、こんな看板があります。
クイズや、観察ポイントが書いてあります。

ここは「観察ポイント」鳥の声を探してみよう・・・だって。

ウグイス150522掛下02

あ、「ホーホケキョ」の声が山に反響しています。

湿地の手前には最初のクイズがあって・・・
P1170786
水の中に答えのヒントがあるみたい。

ヤマアカガエル160422ミズスマシ掛下01
オタマジャクシがいっぱい。もうすぐ手足がでてきそう。

P1170714
さあ、どんどん森を進みましょう。
お天気の良い日は汗ばみます。

アオスジアゲハ150506掛下01
花にいろんな色のチョウが来ています。
これは青と黒のアオスジアゲハ。

P1170716
谷の観察小屋。クイズに挑戦すると池の秘密がわかります。

ミズキ花20080505 (4)

白い花をたくさんつけた木が目立ちます。
ミズキは毎年、ゴールデンウィーク前後に花開きます。

B5076939

おかえりなさい。
クイズの答え合わせをいっしょにしよう。
どんな生きものに出会えたか教えてね。

P1170609

園内に売店やレストランはありませんが、
お弁当を広げられるテーブル・ベンチや原っぱがあります。
思い切り一日森で過ごすのも気持ちがよいですよ。


イベント概要----------------------------------------------------------
日時 2019年4月28日(日)~5月4日(土)
受付時間10:30-15:00
参加費:無料
申込み不要 
対象:幼児から大人まで 
   ※小学生以下は保護者が同伴 
    ベビーカーでの参加はできません。

持ちもの・服装:野外活動ができる服装や靴、帽子、タオル
     飲み物(施設に自動販売機はありません)
   
隣接する「上郷・森の家」の工事にともない
車でのご来園はできませんのでご注意ください。


もうすぐ4月です。
春の話題が続いているブログですが、
春と言えば、サクラ。
ついにサクラの話題を書く時が来ました。
s-IMGP0082遠景
遠くからでも花が咲いているところは白やうすいピンクに見えています。
ちょうど見ごろかもしれません。

観察の森には何種類かサクラが生育していますが、よく見かけるサクラは主に3種類です。
簡単な特徴をまとめてみました。
図2

野生種として生育しているのは、オオシマザクラとヤマザクラで、有名なソメイヨシノは園芸品種です。
ソメイヨシノはこの森では本来生育していない種になるので、場所によっては取り除いています。


s-IMGP0090オオシマザクラ
オオシマザクラ。白い花に緑の葉。

s-ヤマザクラIMGP0046
ヤマザクラ。白い花に赤みの葉。

s-ソメイヨシノIMGP0048
ソメイヨシノ。花だけで葉は無い。

歩いていると、落ちたサクラの花を見つけたので、まとめた表をもとによく観察してみました。ソメイヨシノには毛があるらしいが。。。

写真3s-ヤマザクラ花IMGP0057
ヤマザクラ。

写真4ソメイヨシノs-IMGP0059
ソメイヨシノ。

確かに!ヤマザクラには毛が無くて、ソメイヨシノには毛がある!

花だけでも識別ができるものもあるので、花見の際にはちょっとよく観察してみてはいかがでしょうか。
みなさんのまわりには何種類のサクラがあるでしょう?
ちなみに日本には、野生種と園芸品種あわせて300種以上あるそうですよ。

文・写真: nuka

森の家口の通行止めが始まって3か月目に入りました。
霊園口から来られる方が増え、
ふうふう肩で息をして来館する人も、
ときたま見かけます。

霊園口の階段120段!
私たちレンジャーにとっても毎日よいトレーニングです。

P1200282

ちょっと大変な通勤ですが、
この春は楽しみにしていることがあります。

これこれ
P1200280


開ききると、ほら、もみじの葉っぱ。

P1200285

この階段沿いの森、実は去年の秋は
例年より多めに剪定をして日当たりよくしました。

明るくなった地面から、どんな植物が芽吹くか、
待ち遠しいのです。

もみじって、芽吹きのときも赤いんですね。


20190317145324-0001


他にも視線を低くしてみると、コクサギやアオキ、
ドクダミなど、さまざまな芽生えが見つかりました。


長い階段、急ぐことありませんよ
自然観察は入口からすでに始まっています。


写真・絵・文 かなちん


おーっと、遅刻しちゃう。





↑このページのトップヘ