カテゴリ: 昆虫のお話

先日、クズの花に大好きなあの子を見つけました!
ウラギン1
耳をぴょこんと立てているうさぎのような見ための…
ウラギンシジミの幼虫です。
クズの花に似た薄紫色がとってもきれい。
ウラギン
2本飛び出した耳のような、ツノのような突起がある方が顔…ではなくじつはお尻。
反対側(写真で言うと左側)に顔があります。
突起は筒状になっていて、刺激を受けると中から素早く白い線香花火のような形のものを出して威嚇します。
見ためも特技もヘンテコです。



成虫は園内をよく飛んでいますが、幼虫は隠れるのが上手なのか、なかなか見つけられません。
この日は見つかってラッキー!
うれしくなってついツンツンしちゃいました。
しっかり威嚇も確認。
ウラギンシジミさん「しつこい!」と思ったかもしれません。ごめんなさい。
この幼虫は9月終わり頃まで見られます。
ぜひ探してみてください。
でも、あまり邪魔をしてはだめですよ…!

●以前紹介した「うさぎ虫」はこちら


文・写真・動画 かない

台風10号の到来が心配な
新米レンジャーのロビンです!

厳しい暑さが続く中、
自然観察センターにあるスクープが
舞い込んできました!
それは「ノギクの広場で"奇妙な現象"が起こっている」
というもの!
早速ノギクの広場へ向かうと・・・

s-DSCN3068

そこにあったのは、
草のてっぺんにつかまったまま
息絶えたバッタたちの姿...。
よーく探してみるとポツポツと10匹くらい
見つけることができました。
一体ノギクの広場で何が起きているのか。

あまりの衝撃で頭から離れなくなってしまい、
調べてみると、バッタに寄生する菌類によるもの
ということがわかりました!

その菌類はバッタに寄生し、
バッタをイネ科植物などの高さのある植物の
てっぺんまで登らせ、胞子を飛ばします。
不要となったバッタは草をつかんだまま
一生を終えるのです。

私は...こんな映画エイリアンのような
酷い死に方はしたくはありません。

ですが、この菌がいることにより、
バッタの急激な増加などが抑えられていることも
忘れてはいけませんね。

文・写真:ロビン

どうも新米レンジャーのロビンです!

梅雨が終わり、本格的な夏の暑さになってきました。
そんな森の中では、あの虫たちの声が響いています。

その虫とは...セミです!

ですが、
声はよく聞こえるのに
姿が中々見つけられません。

どこにいるんだろう・・・
s-P8038818
ん?きなこ虫?
いいえ違います。
これはニイニイゼミの抜け殻です!
きなこみたいに見えるのは乾いた泥なのです!

この様に幼虫の体に泥をつけているセミは、
この森の中ではニイニイゼミだけなのです。

なぜニイニイゼミだけなのだろう・・・
そう思い調べてみると、
理由がまだ解明されていないことがわかりました!

この森には他にも、
アブラゼミ・ミンミンゼミ・クマゼミ・ツクツクボウシ
ヒグラシの6種のセミが生息しています。
ニイニイゼミ以外の抜け殻も見たいですか?

そんな方は、
8月24日土曜日に開催されるイベント
「自然と遊ぼう:セミのぬけがらしらべ」
にぜひお越しください!
詳しくは、
横浜自然観察の森HPのイベント情報をご覧ください。
<↑ここをクリック>

この森の中にも今回の様にまだ解明されていない
不思議がたくさんあるはずです。
そんな生き物達の不思議を見つけていきたいです!


文・写真:ロビン

モンキチョウの広場の近くで、レンジャーがたて続けに鳥の羽を拾ってきました。
s-image1

どちらも茶色でしましまで、小鳥にしてはちょっと大きい。これはタカやフクロウの仲間の猛禽類の羽では!?

図鑑などで調べてみると、どうやらフクロウの仲間のアオバズクの尾羽のようです。

でも、ここ数年では、アオバズクの記録はありません。そこで、観察の森でのアオバズクの記録を調べてみると、1996年、2001年、2008年に記録がありました。時々、森にやって来ているようです。

アオバズクは昆虫が好物です。
気温も上がり、いろんな虫たちの活動が活発になってきたからか、観察の森に食事にでも来ていたのでしょうか。

しかし、いくつもの羽が同じ場所に落ちているということは、その場所で羽が抜けるような事態が起こった可能性があります。

これは、アオバズクの身に何か事件か事故が起こってしまったのかも。。。

そろそろ子育てを終えて、南の国に帰る準備をしている頃だと思うので、無事なのか、無事に帰れるのか、少し心配になりました。。。


文・写真/nuka

どうも新米レンジャーのロビンです!
森ではここ一週間、
雨がぱらつく梅雨らしい日が続いています。

朝、自然観察センターへ向かう途中、
濡れた階段をゆっくり登っていると、
足元にこんなものが!
s-P7158361
ヤブタバコの葉っぱがボロボロに...。
一体誰がこんなことを...。

こんな食べ方をするのはハムシに違いない!
けれど、いくら調べても出てきません。

途方に暮れている私の前に現れたのは・・・
先輩レンジャーかなちんだ!

例の葉っぱを見てもらうと・・・
すぐに正体がわかりました!
(私も夢中でしらべた虫でした。...byかなちん
 →2017/4/25のブログにて...I   s-P7158342
この綺麗な虫は、
カシルリオトシブミといいます。
ハムシと同じく葉っぱを食べる、
"オトシブミ"の仲間でした。

あらためて探しに出かけたところ、
残念ながら、
葉っぱのゆりかご(揺籃=ようらん)を
見つけることはできませんでしたが・・・
s-P7158356
ちょうどムラサキシキブの葉っぱを食べているところを
見ることができました!
一生懸命食べていますね~。

その後も探してみると、
ムラサキシキブの葉っぱの上の方で、
多く見つけることができました!

皆さんも、
森で不思議なものを見つけたり聞いたりしたら、
自然観察センターのレンジャーまで!

新米レンジャーの探求は続く...
←To be continued...

文・写真:ロビン

※梅雨の時期の園内では、
 敷石や路面が濡れており、
 大変滑りやすくなっておりますので、
 足元には十分ご注意ください。

↑このページのトップヘ