新緑がまぶしく若葉を見上げることも多い季節ですね。

すこし足元の草やぶに目を移したらひょうきんな顔をした虫たちを見つけました。

口にあたる部分がゾウの鼻のように長いのが特徴のゾウムシの仲間です。

s-shiroashinagaT
シロアシナガゾウムシ(大きさ約10mm)。センター前でツル植物のクズの茎を抱きかかえ、ジッとしているのをよく見かけます。この日は別の植物で見つけました。見た目の模様からパンダゾウムシの愛称でも呼ばれています。

s-hohojiroashinagaT
ヌルデ※やアカメガシワなどの樹木につくホホジロアシナガゾウムシ(大きさ約8mm)。

s-ichigohanaT
ノイバラにいたイチゴハナゾウムシ(大きさ約3mm)は、バラ科のつぼみを探すと口を突っ込んいるところが見つかるかもしれません。くまなく探さないと見落としそうな大きさです。

s-kohukiT
他の3種類のように長い口は持っていないコフキゾウムシ(大きさ約5mm)は、クズなどマメ科植物でよく見かけます。この時はお目当ての植物ではなかったのか、しばらくしたら飛び立ってしまいました。

どれも小さな虫たちですが、少し虫の視点になってみたらわずか30mほど歩く間にこれだけ見つかりました。

まだまだおもしろい姿や形の虫たちがいるかもしれませんね。

※ヌルデは、ウルシの仲間で稀にかぶれてしまう方もいるのでお気をつけください。

文・写真/かけした