2017年04月

昨日ラジオを聞いていたら「蝶」という漢字について
解説されていました。
蝶とは「木の葉のような虫」という意味だそうです。
中国では「蝶ちょう」と読むのが「長寿」の
「長ちょう」と同じだから、蝶に長生きできるとい
う意味をこめているとか。
また他の国では
「あの世とこの世を行きかう生きもの」や
「願いを神に届ける」などと捉えているらしいです。

そうした意味が込められている、という目であらためて
チョウを眺めるととても高貴な生きものに出あえたよう
な気持がしてきます。

昨日から開催している「森のクイズラリー」では
たくさんのチョウたちにも出会えます。
色とりどりのチョウやオタマジャクシに会いに、
ぜひ森にいらしてください。


ベニシジミ150503掛下04


文:チョコ 写真:掛下


1日1日の季節の進みがはやいです。
うっすらと芽吹いていた生態園のコナラたちも、
いつの間にか葉を広げて空を覆いつつあります。

P1140449


葉が広がってくると、待ってましたとばかりに
虫たちも出てきたよう。

葉の表や裏の黒い粒を「虫かな~」と疑って
林を歩くと、小さな彼らに出会うことができました。

P1140446


今朝、生態園で見つけたのはこの虫。
驚かさないように、ぐーっと近寄って見ると…。
 
P1140448


真っ黒と思いきや、青と青緑が美しい甲虫。
オトシブミの仲間でしょうか。
わずか3ミリの宝石ですね。

(文・写真 かなちん)

NHK Eテレ「なりきり!むーにゃん生きもの学園」で横浜自然観察の森が撮影地として登場します!

●4月22日(土) 午前7時15分放送
  再放送は、翌週木曜日15:45~

番組中のミニコーナーに注目です。

先日の朝、雨が降っていたとき霊園口の階段でミミズを発見!と、思ったのですがミミズにしては体がふっくらしてない…

なんだ?

観察したところハリガネムシだということが分かりました。

s-ハリガネムシ

 

雨の日に外に出るといつもと違った生き物に出会えるかもしれません。

写真・文/スティッチ 

浜自然観察の森で撮影協力を行った番組が放送されます。昨年に続き4月29日(土)~5月7日(日)に、観察の森で森のクイズラリーを開催します。

一週一時間ほどのコースを歩きながら、観察の森に暮らす生きものたちのクイズに挑戦してみてください。

クイズを解いてゴールした方には、素敵な景品をプレゼントします。事前申込不要で、受付は午前10時~午後3時までです。

ゴールデンウィークは、草花や昆虫、野鳥などが握あわう観察の森を満喫してください!

 CIMG1377
◆クイズに挑戦!

 ヤマアカガエル160422ミズスマシ掛下01

◆現在成長中のオタマジャクシ。当日はどんな姿かな?

 モンシロチョウ140604掛下02

きれいな蝶を探してみよう


文:HY 写真:掛下他

↑このページのトップヘ