今シーズンは他の場所に比べウソがよく観察できるようで多くの方がウソを目当てに来園されています。

観察センターや園路では「ウソはどの辺りに行けば見られますか?」とよく尋ねられます。

ヘイケボタルの湿地付近やミズキの谷の観察小屋付近などポイントがあったのですが、最近はそこに現れる頻度が少し減ったようです。
レンジャーも巡回などで外に出るとどこかしらかで声を聞くといった状況で、園内全域「神出鬼没」な状態とでもいったらいいのでしょうか。

今朝はウグイスの草地でヤマガラの観察をしていたところ、どこからともなく鳴きながら♂2羽が飛来し、私の7mほど先のウツギにとまり無心に採食していきました。(写真)
USO20200224R

こんなことですからポイントを絞るのがとても難しくなっています。

ご存知の方も多いと思いますが、園内ではサクラの花芽やウツギの実を好んで食べているので、それらを予め探し予測を立てて待ち伏せをしていると、思いがけない距離で遭遇できるかもしれません。

接近しすぎて逃げられたりしないよう、鳥たちにも配慮して観察・撮影をお願いします。

文・写真/かけした