どうも新米レンジャーのロビンです!

梅雨が終わり、本格的な夏の暑さになってきました。
そんな森の中では、あの虫たちの声が響いています。

その虫とは...セミです!

ですが、
声はよく聞こえるのに
姿が中々見つけられません。

どこにいるんだろう・・・
s-P8038818
ん?きなこ虫?
いいえ違います。
これはニイニイゼミの抜け殻です!
きなこみたいに見えるのは乾いた泥なのです!

この様に幼虫の体に泥をつけているセミは、
この森の中ではニイニイゼミだけなのです。

なぜニイニイゼミだけなのだろう・・・
そう思い調べてみると、
理由がまだ解明されていないことがわかりました!

この森には他にも、
アブラゼミ・ミンミンゼミ・クマゼミ・ツクツクボウシ
ヒグラシの6種のセミが生息しています。
ニイニイゼミ以外の抜け殻も見たいですか?

そんな方は、
8月24日土曜日に開催されるイベント
「自然と遊ぼう:セミのぬけがらしらべ」
にぜひお越しください!
詳しくは、
横浜自然観察の森HPのイベント情報をご覧ください。
<↑ここをクリック>

この森の中にも今回の様にまだ解明されていない
不思議がたくさんあるはずです。
そんな生き物達の不思議を見つけていきたいです!


文・写真:ロビン