観察の森の草地では今、1~2㎝くらいの小さなバッタがたくさん見られます。
この時期のバッタたちのほとんどはまだはねが生えていない幼虫です。
ジャンプ力が弱いので手で捕まえることもできます。
s-DSC_0284
コバネイナゴの幼虫

s-DSC_0289
ショウリョウバッタの幼虫

しかし、時々はねの生えた大きなバッタも見かけます。
ツチイナゴは他のバッタと違い成虫で越冬するため、
この時期すでに立派な成虫です。
s-DSC_0285
ツチイナゴ 
 
観察の森に来た際にはぜひいろいろな種類のバッタたちを
探して観察してみてください。
捕まえる際にはバッタを傷つけないようにやさしく捕まえてください。
そして、バッタたちを絶対に持って帰らないでくださいね!!
M.K