猛きん類という言葉を聞いたことがありますか?

タカやハヤブサ、フクロウなど、動物を捕まえて食べる鳥のことです。

最近、観察の森では「ノスリ」というタカのなかまをよく見かけます。

自然観察センターの前やモンキチョウの広場でも上空を見上げると、観察できることがあります。
s-ノスリ
モンキチョウの広場から見られたノスリ  撮影:黒川マリア
 

空中で一点にとどまって食べ物をさがしているところや

ハシブトガラスに追いかけられているところも見かけます。
s-ノスリホバリングトリミング
空中で一点にとどまって獲物を探すノスリ  
撮影:黒川マリア
 
s-ノスリカラス
ハシブトガラスにちょっかいを出されるノスリ(右がハシブトガラス)撮影:黒川マリア

天気が良い日は特に観察におすすめです。

自然観察センターでは現在猛きん類に関する企画展示もやっています。
冬場に観察の森で見られる猛きん類の見分け方や
見やすい場所なども解説してあります。 

双眼鏡の無料貸し出しも行っていますので、

ぜひ、観察センターに立ち寄ってから

猛きん類を探しに森に行ってみてくださいね。

M.K