観察の森ではこの時期になると林縁部にジョロウグモが目立つようになります。

s-DSC_0242

ジョロウグモです。下の大きく派手なほうがメス。小さく地味なほうがオスです。

クモのなかまはメスのほうが大きい種類が多いです。

s-DSC_0234
ヘイケボタルの湿地ではナガコガネグモが多く見られます。
s-DSC_0209 

よくオオシオカラトンボなどの昆虫が網にかかっています。
s-DSC_0226

小川の上にはシロカネグモのなかまの網が張られていました。繊細で美しい網です。

地面と水平の向きに張られているのが特徴的です。

クモは苦手!という方も多いですが、
これらの種類のクモはあまり動かない上、とても見つけやすいのでよく観察してみてください。

体の模様や網の形、どんな獲物がかかっているかよく観察してみるとおもしろいですよ。
 

観察の森に来たらぜひ、クモを探してみてくださいね。

M.K