朝、横浜霊園前バス停で降りると、ヒヤッとずいぶん冷たい空気を感じるようになり、すっかり冬になったことを実感します。

この時期、霊園口から階段を登って森へ向かう途中、階段の曲がり角あたりで、突然さわやかでちょっとスパイシーな?香りがすることがあります。
その香りの正体は、ミカン科の木のカラスザンショウの実です。地面を探してみると、落ちていました。写真1カラスザンショウIMG_8014
カラスザンショウの実。

紫色に熟した実の中に黒い種子があります。写真2カラスザンショウ種8020

この実には、メジロやヒヨドリなどの小鳥がよく食べに来ます。

よく食べに来るといえば、センターの窓から見えるヤツデにもメジロやヒヨドリがよく食べに来ています。写真3ヤツデIMG_8015
センターの窓から見えるヤツデ。


そんな人気のヤツデの実が気になったので、近づいて観察してみると、、、写真4ヤツデ拡大IMG_8017
なんと、冬だから全部が実だと思っていましたが、
白っぽいのは花でした!。雄しべが細くのびているのが見えます。緑色のは未熟な実です。
メジロは花をかるくつついているように見えるので、花の蜜を食べているようですが、ヒヨドリは実(もしかしたら花も)を丸ごと食べているようでした。

餌となる虫や花が少ない時期は、種子や実、わずかに咲いている花に小鳥がやって来ます。
そんな鳥と食べものの関係が気になった方は、自然観察センターで開催中の「鳥のくちばしと食べもの展」にぜひお越しください。

文・写真:nuka


青空に黄葉が映える朝です。
P1020784
度重なった台風の影響で、
ちょっとスカスカしていますが、
それでも綺麗な彩りです。

そして今日は、しんと冷え込みました。
草地に入ると、寒気の溜まったであろう
ところどころに、
霜を被った葉が見つかりました。
P1020780

P1020783

「初霜だね~」と、いつも朝早くから
来園しているボランティアさんとごあいさつ。

そうか、やっぱり初めての霜か!
この冬は見逃さなかったぞ~~と、嬉しくなります。

P1020788

もこもこ、モグラが地下から地表へ捨てた
土の上には、霜柱も。
2センチ近くまで成長していました。お見事。

寒い季節の楽しみを思い出した朝でした。

写真・文 かなちん

このとろころの冷え込みもあってか、虫たちの気配もだいぶ少なくなってきました。
タイアザミの花も終わりにちかく、どことなく寂しげな雰囲気です。
taiazami201911
と思いきや葉っぱから視線を感じました。

hasujizoumushi201911
アザミの葉の上にまだゾウムシの仲間がいました。

ハスジカツオゾウムシといい図鑑などで調べると成虫が見られるのは4月から8月とも。遅いものでは10月という記述もありました。
そういえば、かないレンジャーが6月にも紹介していました。

それにしてもすでに11月も下旬です。
気づいていなかっただけで思いのほか生きながらえている個体がいるのでしょうか。

他にもまだ元気な虫が見つかるかもしれませんね。

文・写真/かけした

↑このページのトップヘ