森の冬鳥の常連といえば、アオジです。

s-アオジ141203掛下01
アオジ。

茂みの中にいて、チッ、とか、ヂッ、という鳴き声が良く聞こえます。
真冬になり、餌が少ないのか、特に最近は園路のまん中まで出てきて餌をさがしている姿をよく見ます。
おかげで観察しやすいです。

園路の脇の草むらにいると、保護色になっていて、近づくまで気づかないこともありますが、そっと歩いていれば、アオジもそれほど逃げずに、かなり近くで観察することができます。
時には一か所に5羽や6羽もいることもあります。

s-アオジ20160225藤村 (3)
こんな感じに道にでてきます。


園路脇の草地で、何か動いていたり、カサッ、と音がしたら、そっと近づいてみましょう。
アオジだけでなく、クロジやコジュケイなども近くで観察できるかもしれません。


文 nuka
写真 かけした・ふじむら

白いフワフワが落ちています!鳥の羽かなぁ?
0羽かな?
テイカカズラの種でした。
輝く白い毛がとりわけ美しいです。
1テイカカズラ
気付けば森のいたるところに落ちています。
地面にささっていたり
3地面にささる
水に浮いていたり
4水に浮く
枝にひっかかっていたり
5枝にひっかかる
実からこぼれた種は風にのって飛散していきます。
6割れたさや
フワフワと飛んでいるところをつかもうとジャンプしますが思いのほか飛翔力があり簡単にはキャッチできません。
遠い新天地まで飛んで行けそう~。

文・写真:ぶっちー

遅ればせながら
あけましておめでとうございます。
自然観察センターは5日より開館しました。

今年は亥年。
が、残念ながらこの森に動物のイノシシは暮らしていません(!)

かわりに植物のイノシシを1つ見てみましょう。

秋になると、草地や林から戻って来たレンジャーズが服の袖や裾を見て

ぎゃあ ぎゃあ 
わあ わあ ・・・

イノコヅチ実20141013霊園口(3)

そう、細かくて、チクチクの「ひっつき虫」。

写真のひっつき虫には、イノコヅチ(子槌・小槌)という名前があります。
びっしり服につくと、なかなかの厄介者です。

イノコヅチ実20141121 (2)

一方で、冬にアオジなどの小鳥たちが、
せっせとついばんでいる草のタネでもあります。

IMG_1226
止まっている赤ぽい茎がイノコヅチです。
すっかり食べ尽くしてしまいました。

イノシシと名につく植物は他にもいくつかあります。
干支を切り口にぜひ、森の生きもののつながりを探してみてください。

文:かなちん
写真:かなちん かけした







↑このページのトップヘ