湿地にて、大きな大きな足跡を発見。
P1060331

さて、だれのものでしょう?

私の目の前に、いました、いました。

P1060302

カルガモ(Spot-billed Duck)です。

カメラをかまえる私の前を平気で横切って
いきます。そして一生懸命に何かをたべて
います。時折警戒をするものの、食べる、
食べる・・・

「湿地のオタマジャクシ、少ないですね。」
と来園のお客様よりお声をかけられることが
多かったこの春。こうした生きもの同士の
つながりによるところもあるのかもしれません。
しかし、すごい食欲だなあと感心するのでした。


文・写真 チョコ


GWが終わり森の中の緑もだいぶ深くなってきました!

人間たちは仕事はじまりで忙しそうだけど
森のいきもの達はどうしているかな~?と
モンキチョウの広場を歩いていると...

DSCN2249

ハコネウツギの花の中から 
なにやらモフモフした何かが出ています!
この正体は...?

DSCN2248

どうやらモフモフの正体は
クロハナバチのお尻でした!

体にたくさん花粉をつけながら
一生懸命蜜を吸っているのでしょう。
君たちも忙しそうだね~

よく見るとハチ達は
白い花ばかりに頭をつっこんでいます。
なんでピンクの花に見向きもしないの?

ハコネウツギ140522掛下01

実はハコネウツギの花は
白からピンクへと色が段々変化します。

つまりピンクの花は白い花に比べて
蜜を吸われて古くなっているといううこと!
しかも白い花の方が光を反射して見つけやすい!

だからハチ達は蜜ほしさに
白い花を狙っていたんですね!

これから花や虫達がにぎわってくる季節。
花だけでなくそこに訪れるいきもの達にも
目を向けてみてください。

写真:ロビン・かけした
文:ロビン

ゴールデンウィークのイベント
「森のクイズラリ―」も明日(5/4)が最終日です!

今日は安定したお天気に恵まれ、
イベント参加者も来館者もこの連休最大の人数を
お迎えしました。
P1000694


コース上ではジャコウアゲハやアオスジアゲハ(↓)など
数々のチョウが目立っていました。
白いミズキの木の花も満開です。

P1000757


参加された皆さんからは、
「観察しながらクイズの答えを考えられてよかった」
「こんな生きものがいる森とは知らなかった!」と感想が。

P1000779


レンジャー&スタッフ一同お待ちしております!


イベント詳細はこちら




↑このページのトップヘ